消費者金融は正社員だけが利用できるという訳ではありません。最近は非正規雇用の方も増えてきました。正社員の方に比べると、非正規雇用の方のほうが金銭に悩んでいる方が多いのは事実です。

お金に困っているときに頼れる場所が即日融資で借りられるカードローン会社です。派遣、アルバイト、フリーターでも即日融資ででお金を借りることが出来るカードローン会社は存在するのでしょうか。

非正規だからカードローンの審査に受からないということはない

即日融資可能なカードローン会社の審査で重要視されることは、決まった固定収入があるという点です。そのため、フリーターや派遣でも毎月決まった収入があれば審査に受かる可能性は高いでしょう。

※詳しくはこちら
アルバイト(パート)でも契約はできますか?

また、高収入でないと審査に受からないという訳でもありません。もちろん収入が高ければそれだけ審査には受かりやすくなりますが、希望借り入れ金額がそこまで高くない場合は、最低限の収入があれば受かる可能性が高いでしょう。数万円程度の借り入れ希望金額であれば、年収は100万円から200万円ほどあれば即日融資でお金を借りることは可能です。

即日融資が可能なカードローン会社の審査でより重要視されるのは、過去に滞納をしていないか、他社からの借り入れ金額が多くないかです。そのため、正社員で安定した収入があっても、過去にカードローンの滞納履歴があると審査に落ちてしまう可能性がありますので即日融資どころかお金を借りることすらできません。また、他社からの借り入れが沢山ある人も落ちてしまうでしょう。これらの理由がある正社員よりは、非正規雇用でも滞納履歴がない、他社からの借り入れがない方のほうが受かりやすいです。

カードローンの審査でひそかに重視されやすい年齢

意外と見られているのが年齢です。年齢だけで審査に受かる、落ちるということはありませんが、どこか不安な点があったときに重視されやすいのが年齢でしょう。

※詳しくはこちら
カードローンは年齢制限ある? FPがカードローンの年齢について徹底解説

即日融資可能で無利息期間があるカードローン会社の審査は基本的には20歳から65歳くらいまで受け付けています。カードローン会社によっては上限年齢が多少変化することもあるでしょう。

このとき、20代のアルバイトよりも、50代のアルバイト社員のほうが若干審査が不利に働きます。20代は今後も長期間働く可能性が高い、今後正社員になる可能性がある、などのメリットもありますが、50代の場合は借り入れ年数が増えると退職も関わってきます。また今後正社員になる可能性は、20代の方よりも低いでしょう。

返済能力や今後の返済スケジュールを考えたときに、年齢は高いほうが審査に落ちてしまう可能性が高いので注意をしましょう。つまり若ければ若いほど、非正規雇用でも審査は受かる可能性が高いのです。