おまとめローンとはどんなもの?

おまとめローンは、複数の借金を一つにまとめ、返済していくものです。おまとめローンには、借金をまとめて一本化することに特化したものと、使い道が自由なローンを借りて、おまとめローンにするものがあります。

おまとめローンのメリット、デメリットは?

おまとめローンで返済日を統一することができます。今までA社の返済日は25日、B社が27日、C社が20日だったものが、おまとめローンを契約した金融機関が定めた返済日のみになるので、管理が簡単になるのです。

そして、一本化することにより毎月の返済額も軽減されます。また、おまとめローンは金利が低く設定されていることが多く、金利の負担が軽くなります。

一方のデメリットは、返済期間が長くなります。返済期間が長くなるということは、それだけ支払う利息も増えるので、支払い総額が増えてしまうこともあるのです。もう一つのデメリットは、おまとめローンの審査はやや厳しいということです。

金利が他のローンよりも低く抑えられていることもあり、細かくチェックされています。多重債務の人が申し込むものなので、きちんと支払いしてもらえるか、現在滞納中ではないかなどが厳しくチェックされ、少しでも返済に不安があると審査不可となることが多いのです。

カードローンをおまとめローンにしてはだめなのか

カードローンの使い道は自由なので、これをおまとめローンの代わりにすることもできます。しかし、他に使ってしまう人がいるように、カードローンでローンをまとめる場合は、強い意志がないと難しいのです。

おまとめローンは、他社への返済をしたという証明(完済証明)の提出を義務付けているところや、金融機関が先に他社へ返済し、元の借入を完済して現金を手にすることがないようにしています。多重債務で苦しんでいて、今のところ遅れもなく返済できている人は、おまとめローンで支払い総額を減らせないか、検討してみると良いでしょう。